今日も 来て しまった

おいしく食べて、温かい布団で眠る。しあわせのかたちを考える日々の記録

麺喰らう(その 269)朝そば

箱根、高幡、狭山。各私鉄は、立ち食いそば店に沿線のそれっぽい地名をつける。東急のしぶそばが異端だね。グループの象徴の土地だろうけど。さて、本日は小田急の眷属「箱根そば」へと。新宿店は本陣を名乗り、他店とは違う本店感を出してます。ターミナル…

麺喰らう(その 268)えび豚骨塩拉麺

よくみかけるラーメンチェーン店。天邪鬼ではないけど、入ったことがなかった。何というか「ララァにはいつでも会いに行けるから」的な油断。で、お目当ての店が閉まっていた昼下がり。すっかりラーメン腹になっていた気持ちをなだめるべく、フラフラと引き…

麺喰らう(その 267)自家製・むじなうどん

自販機で買えるダシがある。ペットボトルで売られていて 800 円。物珍しさとアゴだしにひかれて思わず購入。アイデアマンがいるもんだ、感心。で、ダシの味がよくわかるうどんをつくる。ダシだけ味わうより、うどんをすすって鼻に空気を抜いたほうが、より実…

麺喰らう(その 266)喜多方わんたんラーメン

喜多方ラーメン坂内。いつみても混んでるけど、外から空席がみえる。チャンスは最大限に活かすのが私の主義なので、通常の3倍の速度で入店。わんたんラーメンとビールを頼むも、混み具合からするとしばらくラーメンは来なさそう。メンマを追加、ラー油をひ…

定食春秋(その 169)フライ盛り合わせ定食

盛り合わせ定食という響きにはロマンが詰まっている。刺身、フライ、シェフの気まぐれ。アタマに付くのがなんであれ、ワクワクが止まらない。で、本日のフライの内訳はアジフライと白身魚フライ。白身魚ってざっくりだけど、日本人になじみのない名前だから…

麺喰らう(その 265)たぬきそば

07:01 入店。どうやら本日の一番客のようす。選挙なら投票前の空箱をみせてもらえるけど、立ち食いそば店では、自己満足以外の特典はない。こちらは、提供の早い茹でおきタイプのお店。しかし、一番客ということは、比較的茹でたてに近いそば、煮詰まる前の…

麺喰らう(その 264)四川坦々麺

坦々麺の立ち位置は難しい。専門店もあるし、中華料理店で供されることもある。あるいは、ファミレスでも、それなりのものが楽しめたりする。そもそも中国では汁なしとか。日本にきてアレンジされて〜など意見はあろうけど、日本人なら和風中華。ビバ、焼き…

定食春秋(その 168)エッグバーグディッシュ

びっくりドンキーといえば、とにかく巨大なメニューを覚えている。両開きの木の扉を模したメニューは、向かいの席が見えないくらいでしたネ。学生や営業マンだった頃は、いろんなファミレスに行ったものです。びっくりドンキーといえば、世田谷通りのあの店…

定食春秋(その 167)自家製・サバのお好み焼き

お好み焼きというのは、自宅でつくるのはなかなかに難しい。フライパンでつくれば、見境なく広がってしまい、ひっくり返すのが大変だからだ。小麦粉に目分量で水を入れモタッとさせたところに、だしパックの中身を入れて、玉子をひとつ。よーくかき混ぜ、キ…

麺喰らう(その 263)豚ラ王〜ヤサイ、アブラ、ニンニク

二郎(系)ラーメンは、長蛇の列、注文の際の符丁、圧倒的な質量など、常連でないと敷居は高い。しかも独特の味はカップ麺にはなりにくい。二郎は2店舗行ったことがあり、いずれも量にやられた。二郎系のラーメン大は近くにあるので何度か行くけど、年々量…

定食春秋(その 166)得朝ミニ牛めしお新香豚汁セット

ミニ牛めし、豚汁にお新香がついた、名は体を表すお得なメニュー。損保ジャパン日本興亜とか、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を思い出す。対等合併感を出したいのかナ。大森と蒲田で「大田」みたいなシンプルさが欲しい。横浜F・マリノスまでいくとフリュ…

定食春秋(その 165)土鍋牛すじ玉子カレー

ふと見かけた土鍋カレーの名にひかれ、メニュー選びに優柔不断なランチタイムにさらば。写真を見るに土鍋というより深めのグラタン皿かな。ともあれ、メニューをみれば種類は数あれど、自分ではつくらないであろう牛すじを注文。辛さは5段階で真ん中を選ぶ…

麺喰らう(その 262)たぬきそば

「たぬき」には2種類ある。天ぷらを揚げたときにオマケでできる天かす、天ぷら粉を単独で揚げてつくる揚げ玉。ま、どちらも風情があるよね。たぬきそばを注文してどちらが出てくるかは時の運、というより店の方針。今日は天かす、明日は揚げ玉なんて店はな…

麺喰らう(その 261)証誠寺そば

朝食のメニューは体調に聞くのがよい。調子のよい日ならガツンと定食類、胃もたれ気味の日ならツルツルいける麺類。宿酔なら欠食もある。今朝のカラダはそばを所望している。不調ではないが、定食類は咀嚼が面倒かも、なんて。かき揚げはキツイかな、サラサ…

麺喰らう(その 260)春盛り天そば

街で春をみつけた。というと聞こえがいいけど、小諸そばの季節商品ポスターをみかけただけです。みせてもらおうか、限定商品の味とやらを。春盛りですが具体的には、キス天、アスパラ天、筍と桜海老のかき揚げだナ。桜海老はその名の通り桜の季節が旬だし、…

麺喰らう(その 259)ごぼう天そば

旅の醍醐味は食事である。土地の雰囲気を味わうなら、胃袋にきくのが一番いい。文字通り、腑に落ちるってことです。とか言って横浜ですけど。そりゃ横浜だって立派な三百万都市。地方から来たならステキな観光地ですけど、東京からだと通勤圏だし、小旅行と…

麺喰らう(その 258)唐揚げそば

府中駅前は再開発で一変した。かつての雑多な商店街が消え、伊勢丹や映画館などができた。しかしその伊勢丹も撤退、新たな岐路に立っている。 そんな駅前ビルの一角に、朝早くそば屋が営業している。以前ケヤキ並木沿いにあったあの店だなと懐かしく、朝ご…

定食春秋(その 164)スマトラカレー

神保町はカレーの有名店が多い。出版社が周りに多く、自然と雑誌での露出が多いので、と言われます。学生の頃は、価格的に高嶺の花だったナ。で、人気の老舗は昼どきを外しても相席。メニューをみれば、ポーク、チキン、ビーフ、エビ、タン。悩むな〜、ハヤ…

麺喰らう(その 257)チャーシューメン

アラフィフならば、ゴルフスイングは「チャー、シュー、メン」で行うはず。いやまあ、レッスンで直されてるかもしれないけど、基本はね。ちばてつやの名作「あした天気になあれ」の主人公・向太陽が、ゴルフスイングを学ぶ際、好きな食べ物になぞらえてテン…

麺喰らう(その 256)たぬきそば

チェーン店ならいざ知らず、おしなべてそば屋の夜は早い。朝が早ければ夜も早くなるのは、まあ理解できる。そばの鮮度の問題もあるだろう。こちらの立ち食いの老舗も、19 時には店仕舞い。気忙しかったであろう昼間とは打って変わって、閉店近いせいか、のれ…

麺喰らう(その 255)あつかけうどん+かしわ天

讃岐うどんをあまり食べない。苦手というわけでなく、通勤動線にないから。とはいえ、麺類皆兄弟、食べられるチャンスは最大限に活かす主義。いつも混んでる店ですが、ランチタイムでも遅めだからか比較的すいてるな。セルフ式なので、まずはベースとなるう…

定食春秋(その 163)清流地鶏南蛮定食

信号機の気まぐれに任せて歩みを進め、ふと気づけば人気の定食屋に行列がない。ひょっとするとと覗いてみれば、カウンターの隅があいている。こいつはラッキーと滑り込む。ランチタイムだというのに予約客も多く、人気が窺える。さてさて、せっかくのチャン…

麺喰らう(その 254)いか天そば

朝型、時差出勤、アーリーワーク。聴こえはいいけど、ようは早出特打ち。メールも来ない、人も少ない、朝にお仕事をすればいいじゃない。早く家を出れば、そりゃ電車はすいてるけど、開店直後の朝ごはん処はかえって混み合う。ウロウロしたのち、第一陣の客…

麺喰らう(その 253)コロッケそば

通勤動線にあったゆで太郎がなくなり、コロッケそばが食べられなくなった。いや、足を伸ばせば食べられるけど、ヤツはそういうもんじゃない。何というか、立ち食い界でも異端児なんだよナ。チェーン店でも必ずしも扱うわけでなく、本格派に近づくほど、コロ…

麺喰らう(その 252)いか天そば+玉子

自分を変える。なんて大それた話ではなく、いつもの店で、いつもと違うそばを頼む。浮気心なのかなぁ。まあ、気まぐれにすぎないけどサ。たぬきか春菊天が普段の選択肢だけど、ブログをみても、実感としてもあまりに頻繁に食しており、ひょっとして惰性では…

麺喰らう(その 251)カレー南蛮そば+半ライス

そばっ食いの端くれとして、カレー南蛮の評価は難しい。かなり好きな種物だけど、カレーの味が強くて、そばの風味がわかりにくいのが難だ。いやいや、そもそも立ち食いを主戦場にしているのに、そばの風味とやらをわかっているのか? なんとなくカッコつけて…

麺喰らう(その 250)たぬきそば

前を通り過ぎるだけで、入ったことのない立ち食いそば店がある。あまりに改札に近いので、意識もオナカも食事モードに切り替わらないのだ。しかし、人間変化を恐れてはならない、って『チーズはどこへ消えた?』にも書いてあった気がする。万物は流転する。…

定食春秋(その 162)あふれる玉子サンド

コロナ騒ぎで人っけのない東京ドームシティ。近くのドンキホーテには、人出を見越した行楽用のおつまみ類がいっぱい並ぶけど、所在ない感じ。そんなドンキでランチを物色、軽めがいいやと玉子サンドを手にとる。ヤマモトヤって聞いたことないけど、そう書か…

定食春秋(その 161)目玉焼きベーコン朝定食+こだわり卵

きのう、なか卯に行こうと思っていたところ、立て続けに2人先に入店したので、気が削がれて朝食を食べ損ねる。なんだろう、この負けた感じ。で、今朝はリベンジ。店内は混んでいるけど、券売機で目玉焼きベーコン朝定食を購入。いつの間にか券売機が変わり…

麺喰らう(その 249)黒担担麺

悪魔のように黒く、地獄のように熱く、口づけのように甘い。良いコーヒーの条件らしいですが、黒い食事は意外と少ないのではないか。パッと思い浮かぶのは、ワカメ、ノリの海藻関係と、イカスミのパスタくらいかな。ほかにもあるだろうけど、私の行動半径で…