今日も 来て しまった

おいしく食べて、温かい布団で眠る。しあわせのかたちを考える日々の記録

麺喰らう(その 830)かけそば in 富士そば

 

立ち食いそばといえば、富士そばである。上京して大学の近くにあったので、そう刷り込まれている。学食のほうが安かったので、富士そばは高嶺の花だったけど。

 

たまに食べたくなる初心の味ですが、ここ最近散歩コースにあった店舗が次々と閉店して、富士そばはわざわざ出かけないと食べられない店となった。残念、無念である。

 

ともあれ、マイブームであるかけそば探訪に富士そばは欠かせない。通勤定期で立ち寄れる店舗を検索し、久しぶりに笹塚に降り立つ。ここ、渋谷区なんだよね。

 

最近は、立ち食いそばといいつつ椅子やスツールが用意され、客層の裾野を広げている。悪くない、悪くないけど、鉄火場のような雰囲気も懐かしい。

 

そんな流れに抗う富士そば笹塚店。今どき24時間営業するだけあって、客の回転もいいのだろう、純粋な立ち食いであり、パズーの身支度よりも早く呼び出される。

 

おや、ワカメのせ。嬉しいな。ツユを飲むとダシがきいて、醤油の味は抑えめ、甘さはほとんど感じない。鋭敏にツユの味を分析できるのは、かけそばならでは。

 

そばをたぐればアツアツで、風味は感じられないけど、チェーンなんだからこれで上等。飲み込むたびに、胃が温まります。朝イチのワカメはクキクキで嬉しい。

 

ダシが熱いので、少し火の入ったネギがいいアクセントになる。七味をかけるとストレートに辛みが伝わり、これまた、かけそばならでは。途中、水でひと息つく。

 

後半になり、そばが少なくなると、ますますスルスル食べやすくなる。具がないので余計なことを考えず、無心の時間が過ぎてゆく。あゝおいしかった。

 

ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 829)ラーメン in 第一旭

 

関西のダシは昆布がメインで、薄口醤油を用いるので、うどんのツユも色味が薄い。良し悪しではなく、漆黒の関東のツユとは方向性が異なっていて面白い。

 

ところが、キングオブ上方、京都のラーメンがはんなりとはほど遠いのが、実に興味深い。関東にも支店を出すような店は、どれもインパクト絶大です。

 

天下一品の鶏白湯のこってり系、ますたにの背脂チャッチャ系、そして第一旭の濃色醤油系など。盆地の気候が育んだのか、負けず劣らず個性派ぞろいである。

 

で、そんな京都ラーメンの第一旭。何年か前に新宿店を出したけど、続いてラーメン激戦区神保町にも出店している。いつも混んでるけど、今日はすいてるな。

 

https://socius-lover.hatenablog.com/entry/2020/09/23/070400

 

チャンスは最大限にいかすのが私の主義なので、店前の食券機とニラメッコ。中途半端な時間なので晩ごはんに影響が出ないように、基本のラーメンにしよう。

 

やってきたのは、茶色いチャーシューと緑の九条ネギの対比が美しいひと品。これでチャーシュー麺ではないなんて、うれしいネーミング詐欺ですね。

 

黒いスープを飲めば、豚骨の旨みと醤油の塩味ががっぷり四つ。喜多方ラーメンをよりワイルド側に寄せたような味わいは、京都人の心の闇を表しているのか?

 

んなわけない、とひとりツッコミをしつつ、麺をスルスルと食べる。このスープは中太ストレート麺は一緒に味わってこそちょうどよい塩梅となる。おいしい。

 

チャーシューはオカズヂカラの強さを示威し、九条ネギが食感に変化をつけて、すべてが調和しているんだな。卓上のニンニクは自重して、コショウを少々。

 

塩分が気になるお年頃なのに、おいしさという正義に打ちのめされ、キレイに完食しちゃう。なみなみ残るスープに後ろ髪ひかれつつ、グラスの水で代償する。

 

ごちそうさまでした。

定食春秋(その 513)カキと白身魚フライ定食

 

自ら狩猟することのないサラリーマンは何を食べているのか、自覚がない。農家や漁師、流通界隈などを無意識に信用しているけど、実のところはわからない。

 

まあ、現代日本では考えすぎだけど、石黒正数氏の漫画「それでも町は廻っている」にも、普段食べているうなぎは実はミュータントかも?という話があった。

 

食にまつわる都市伝説は身近なだけに盛り上がる。フライドチキン用に四本足の鶏がいる、ハンバーガーの肉の原料はミミズなど、突拍子もないほうがウケる。

 

で、本日はカキと白身魚のフライのお得感あふれる合い盛り定食。昨シーズンはカキ4粒の定食だったけど、今年はカキがお高いのかもしれないと邪推する。

 

白身魚が格落ちなのではなく、なぜ名乗らないのか不思議です。タラならグイグイそう主張するだろうし、ホキでも恥ずかしがらず、はっきり名乗ればいい。

 

ともあれ、白身フライ2つ、カキフライ2つの定食にはなんの不満もない。レモンを搾り、それぞれソースと醤油をかけて準備完了。味噌汁で箸を湿らせる。

 

まずはベジファーストでパセリを喰み、キャベツをもりもり食べてしまう。小鉢の煮物でひと息ついて、いよいよ本丸のフライにとりかかる。まずはカキだな。

 

そういえば、目玉焼きに何をかけるか問題で、宮崎駿は「目玉焼きは洋食だからソース」と言ったとか。わかる気もするけど洋食と呼ぶ時点で日本料理だよね。

 

カキフライは洋食然としているけど、日本料理の典型だと思う。だって、外国にないよね、カキフライ。そういうわけで、醤油でもソースでもいいのです。

 

和がらしをまぶしたカキフライはオカズヂカラ抜群で、醤油でもソースでも抜群においしい。あえていえば、醤油なら日本酒、ソースならビールが合うかな。

 

さて、得体の知れない白身魚だけど、チクチク衣が立っており、揚げたてのフライはやはりおいしいとしみじみ思う。醤油もソースも、クセのない白身に合う。

 

さすがにスーパーへ行けば「白身」なんて表示はなく、正体のわかった魚と向き合えますが、外食では店への絶対の信頼感で気にすることもなく食べるのだな。

 

ともあれ、フライはもちろんのこと、小鉢も、お新香も、味噌汁もすべておいしく、大満足の昼餉でした。当たり前の食卓が、これからも続きますように。

 

ごちそうさまでした。

定食春秋(その 512)鯖味醂干し弁当

 

 

スーパーの鮮魚売り場を眺めつつ、何を食べようか考えるのは楽しい。旬の魚を確認しつつ、お刺身、煮る、焼く、蒸す、揚げる、炊き込む、〆る、など悩んじゃう。

 

そこに、干すという選択肢が加わることはない。干物は世界じゅうでつくられているけど、自ら干そうと考えたことがなく、熱海のお土産でもらうもの、といった印象。

 

まあ、自ら干さずともスーパーに干物は売っているし、最終的には焼いてしまえばいいわけで、避ける必然性もない。旅館の朝食で干物が出てきたら、頭からバリバリ食べるくらい好きだしね。

 

で、3種の日替わり弁当から鯖の味醂干し弁当を選ぶ。干物にすることで、保存もきくし、味つけにもなる。考えてみれば合理的な調理法ですな。照りの入った皮が美しく光ります。

 

まずは鯖を上下ひっくり返して、むっちりした身をほぐしとる。ひと口頬張れば、キシキシとした歯ごたえで、鯖の身の塩っけと味醂の風味で、オカズヂカラ抜群です。

 

醤油の容器もついているけど、そのまま食べたほうがおいしいや。冷えたごはんと食べていくと、おにぎりをほおばっているような錯覚に陥りますね。味噌汁をゴクリ。

 

煮物や昆布の佃煮など脇を固めるメンバーも実力者ぞろいで、最近の肉と麺に偏りがちなランチタイムを戒めてくれる。ゆっくり白米を噛むと、やはり落ち着きますね。

 

あらかた食べ終えると、鯖の皮とほぐれた身が残る。これでお茶漬けにでもしたら抜群においしいけど、今日のところは集めて食べるだけで勘弁してやろう。

 

ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 828)味噌赤丸 in 一風堂

 

豚骨ラーメンというと、横浜家系のようなこってりから、喜多方のようなあっさりまでさまざまである。煮出し方によって濃度も、透明度も異なってくる。

 

全国津々浦々に散在するけど、豚骨ラーメンと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、平成初期の豚骨ラーメンブームの牽引役でもあった博多ラーメンである。

 

とはいえ豚骨臭バリバリの店は、都内では少ない。博多天神など武骨なチェーンもあるけど、やはり外国客にも好かれるような一蘭一風堂が多く展開する。

 

こちら東京ドームシティの一風堂ラクーアが改装するとかでムーミンカフェなど周囲の店が閉店しており、やがて一風堂もなくなるだろう。時代の流れだな。

 

この辺りは一蘭もあったけど、ドームシティはファミリー向けの施設だから、味集中システムとの相性がよくなかったのか、撤退を余儀なくされている。

 

ともあれ本日は洗練された博多ラーメン、一風堂のノレンをくぐる。タブレットにはキャンペーン中の味噌赤丸が映し出され、一期一会、頼まねばなるまい。

 

サービス辛もやしを喰み、ルイボス茶を飲みつつ待つ。程なくやってきたのは、スープが赤い器に映える一杯。マー油部分にレンゲを差し込み、ひと口ゴクリ。

 

おや、甘い。こってりと濃度が高いスープだけど、豚骨の深みの上に味噌の甘さが感じられる。やや太いちぢれ麺を持ち上げれば、スープがよくからむ。

 

博多豚骨を求めておいてなんですが、方角的には北の大地、札幌味噌ラーメンに伍する味わいです。真んなかの赤味噌を溶かせば、辛みが加わって実に温まる。

 

途中で、辛もやしをラーメンに乗せて、むしゃむしゃと食べてゆく。基本の豚骨スープがおいしいから、応用の味噌味もおいしいのだな、と納得する一杯です。

 

桜木花道もキソ練習ばかりでくさっていたけど、最後に役立ったのは身体能力に頼ったスラムダンクではなく、2万本練習したジャンプシュートだったわけで。

 

ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 827)たぬきそば in 豊しま

 

もりそばを好むのは「ツウ」なのに、かけそばを食べるというと、どこか哀しい色やねん。かけそばは、ダシ、カエシ、そばの味がよくわかると思うんだけど。

 

「安くて、うまい」立ち食いそばのコンセプトは、我が人生とも通じる主戦場なので、ツウと呼ばれたいわけもなく、純粋にかけそばを再評価したい。

 

そんなかけそばの旅パート4として、豊しまを選ぶ。ガツンと大きな肉そばが主力のこちら、よくみるとメニューにかけそばがない。これは盲点でした。

 

かけそばの魅力を唱えつつ肝心の自分が品揃えを知らず、結果としてかけそばを軽んじていたと気づく。認めたくないものだな、初老ゆえの過ちというものを。

 

ともあれ、立ち食いでメニュー外を頼むほどヤボではない。代替メニューを刹那で考える。重要なのはツユの味が堪能できること、食感に影響がないこと。

 

主力の肉そばは本日は論外。きつねは油揚げの咀嚼が必要。玉子ではツユが薄まってしまう。比較勘案して、たぬき。揚げ玉の油が滲み出る前に食べるのだ。

 

食べ物の魅力を食べ物で例えるのはよくないけど、こちらは立ち食いそば界のガッツリ系、ラーメン二郎といえる。有名な厚い肉そばのボリュームは圧巻です。

 

具材に負けじとツユもパンチが強く、ダシも香るけど、カエシも濃い。化学調味料の有無は知らんけど、漆黒のツユを夜空に例えれば、たぬきが出てきそう。

 

まずはそばをズルズル。湯通しされたばかりでひどく熱い。ツユをちょうどよい塩梅でまとい、口蓋が熱を帯びてくる。ここで丼ぶりに口づけてツユをゴクリ。

 

原始の海のような塩分濃度の高さは、決して上品とは呼べないけど、体のことを考えなければ毎日食べたい好みの味。七味をかけて、ズルズル食べてゆく。

 

かけそば気分を堪能するものの、当たり前に揚げ玉も口に流れ込んでくる。やがてツユに油が溶け出してコクが加わり、かけそばではない化学反応が起きる。

 

種物を食べてもらい、利益率を上げたい店側の気持ちはよくわかる。「安くて、うまい」をこれからも味わうために、各店を食べ支えねば(勝手な使命感)。

 

ごちそうさまでした。

定食春秋(その 511)ヘルシーばくだん丼

 

 

日常生活で「爆弾」という言葉を発することがない。むろん必要がないからであり、世代的にはボンバーマンを思い出すくらいで、兵器としての爆弾しか浮かばない。

 

具材をたくさん入れて海苔を巻いた、まん丸な「ばくだんおにぎり」なんてのもありますね。そのイメージをスライドして名づけられたのかもしれない、ばくだん丼です。

 

納豆、沢庵、山芋、オクラ,ネギトロ、イカ、温玉。ヘルシーの名に恥じないラインナップは自宅で作るのはあまりに面倒で、店で食べるのが嬉しいひと品です。

 

ワサビ醤油をかけまわしたのち、食感の強いオクラを先に食べてしまう。丼ぶりものは咀嚼回数をそろえたほうが食べやすいですよね。オクラって昭和のころあったっけな。

 

いつの間にやら偉そうにメジャーな顔をしているけど、かつては知る人ぞ知るって野菜だった気がする。ともあれ、オクラを食べ終え、温玉を割って具材を混ぜてしまう。

 

あとは匙を使ってザブザブとかき込んでいく。見た目はお好み焼きのタネのように混ざっているのに、それぞれの食材が主張してくるのが面白い。

 

サクサクの山芋、コリコリの沢庵、ふわふわのネギトロ、むっちりのイカ、ねばねばの納豆。一体ながらも個性を発揮するさまは、アルファにしてオメガといえようか。

 

ねばつく唇を味噌汁で洗いつつ、どんどん食べていく。どことなく海苔の香りがするのが嬉しいな。キレイに食べ終えるころ、お腹が爆弾のようにまん丸になりました

 

ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 826)肉ネギうどん

 

正直、長ネギに好感をもっていない。昭和のエグ味の強かったころの印象が強く、イガイガした食感も好きではなかった。アレルギーだったのかもしれない。

 

まあ、私もそれなりに年を重ねたし、食べ物の好き嫌いより、旬の食材を楽しむことを優先する。品種や肥料が改良されたのか、最近の野菜は全体に甘いしね。

 

で、肉ネギうどん。肉南蛮ではなく、肉ネギを名乗るからには、長ネギ沢山だと思われる。あえてネギを頼む日がくるなんて、あの頃の自分に耳打ちしたい。

 

やってきたのは、たっぷりの豚肉と削ぎ切りの長ネギが、おしくらまんじゅうのようにひしめき合うひと品。南蛮うどんには、牛肉よりも豚肉が合いますね。

 

まずは、肉とうどんを持ち上げて、ハフハフとすする。赤身中心だけど、おいしいダシと食べると、豚しゃぶのような趣き。ツルツルのうどんが似合います。

 

ネギを口に放り込めば、キュムキュムと新鮮な歯ごたえです。よく噛めば甘く、いわゆるネギ臭さはかすか。ただ、うどんより遥かに咀嚼回数が必要です。

 

それぞれのネギを分解し輪切り状にして、ダシに沈めてみる。こうすれば、ネギに熱が入りやすくなり、味もしみるし、食感も均一になることでしょう。

 

うどんツルツル、ネギザクザク。ひたすら食べていると、気がつけばワカメと肉ばかりが残る。肉吸いのようだと思いつつ、最後の一片までおいしくいただく。

 

ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 825)俺たちのニラバタ豚汁うどん

 

 

真冬の豚汁は文句なしにおいしい。表面に油膜がはるアツアツのダシにふうふうと息を吹きかけ、湯気の切れ間をズズズっと飲めば、五臓六腑にしみわたる。

 

そんな豚汁がうどんとコラボなんて、おいしくないわけがない。イメージとしては味噌仕立てのけんちんうどんかな。豚肉が入るので、けんちんではないか。

 

ともあれ、正月にTVを点けていると、やたらとTOKIOによるCMが流れていた丸亀製麺の豚汁うどん。コクと旨みの特製味噌だしとやら、食べねばならぬ。

 

レジに並んでいると、ニラとバターのトッピングに気づく。丸亀製麺にはそんなに来ないし、おそらく一期一会だろうし、どうせなら全乗せを食べておくか。

 

行列の先客はみな、ぶっかけうどんに天ぷらのせといった讃岐うどんの王道をいく。ミーハーなキャンペーンにのせられる自分がチト気恥ずかしくなりました。

 

ともあれ、サービスのネギ、天かす、生姜ものせてもらう。特に生姜は本来の風味を変える可能性があるけど、悲しい貧乏性ゆえ、無料トッピングは断れない。

 

さて、丼ぶりの上が忙しくなっており、うどんがほぼ隠れています。まずは、丼ぶりに口づけして汁をズズズ。辛めの味噌味はおにぎりが欲しくなる濃度です。

 

うどんを引きずり出してすすれば、モチモチ食感がなんともはや、おいしい。旨みを凝縮した石狩鍋の〆をいきなり食べ始めたような、そんな錯覚に陥ります。

 

ひらひら肉が味噌をからめとり、バターの芳醇な香りが鼻に抜ける。具材は玉ねぎ、キャベツ、にんじん、ごぼう、ニラ。どれも味が濃く味噌に負けてない。

 

深い味わいはどこからくるのかと調べると、コチュジャンオイスターソースが隠し味らしい。こんど自宅でも試してみようかな、と思いつつうどんをすする。

 

おデコに汗がにじむころ、あらかた食べ終えて、濃厚な味噌ダシが残るのみ。普段は塩分を気にして汁は残す派ですが、本日ばかりは、君子豹変して完飲です。

 

 

ごちそうさまでした。

定食春秋(その 510)合いがけデルタカレー

 

 

新型コロナ感染症で人口に膾炙しましたが、ギリシャ文字といわれるとちょっと戸惑う。アルファ、ベータ、ガンマ、デルタあたりまでは確実にわかるけど。

 

で、合いがけデルタカレー。2種のカレーが味わえるお値打ちメニューです。ライスの盛りつけがギリシャ文字Δ(デルタ)に似てるから名づけられたのかな。

 

日替わりの2種は牛肉の赤ワイン煮込みカレーとドライキーマカレーらしく、楽しみに待つ。やってきたのは煌びやかな盛りつけで、彩りが鮮やかです。

 

サフランライスに映える野菜ですが、らっきょう的な付け合わせとして食べるもんだろうか。とりあえずベジファーストで味わえば、酸っぱくてピクルス風味。

 

赤ワインのカレーは、酸味が強く、辛味もパンチがきいてライスがすすみます。ビーフは繊維の一本一本はしっかりしつつも、ホロホロやわらかな仕上がり。

 

キーマカレーは見た目少量ですが、スパイスの香り高く、ビーフカレーと負けず劣らずの存在感。ライスを挟んで、スプーンを上下に忙しく動かします。

 

実においしい。掛け値なしにおいしい。まるでひと皿で二度おいしい、アーモンドグリコのようなお得感。存分に味わいながら、ギリシャ文字を暗唱する。

 

イプシロン、ゼータ……あとはうろ覚え。ガンダムで有名なν(ニュー)、コロナで名の売れたO(オミクロン)、最後の文字のΩ(オメガ)くらいかな。

 

さて、合いがけならばW(ダブル)カレーでもよさそうなもんですが、なぜあえてデルタなんだろう。聞けば教えてくれるだろうけど、秘すれば花ですかね。

 

途中でコンソメスープを飲み、野菜をアクセントにおいしく完食。壁のメニューを眺めつつ、今度は焼きチーズカレーが食べたいな、などと心に刻む。

 

ごちそうさまでした。