今日も 来て しまった

おいしく食べて、温かい布団で眠る。しあわせのかたちを考える日々の記録

麺喰らう(その 173)天玉そば

f:id:socius_lover:20191004191603j:plain


あてもなくさまようランチタイム。


目的はただひとつ、汁ものが食べたい。昨日のお酒が残っていて、定食は受け付けない。麺をズルズル、汁をジルジルといきたい。


お目当てのラーメン屋は臨時休業で軽く絶望したのち、いつも混んでる間口の狭い立ち食い系そば屋に滑り込む。


危うく食べ損ねるところだったと、九死に一生を得た気分。見慣れない食券機をひと回しみて、天玉そばをポチり。


いつもなら朝食規模のメニューだけど、いまの胃具合にはちょうどいいかな。そそくさと食券を提出して、グラスの水でひと息つく。


何というか、年々酒に弱くなるな〜。回復にも時間がかかるし、楽しい酒だろうと考えなきゃいかんな〜。などと反省しながら到着を待つ。


程なくやってきました、天玉そば。野菜のかき揚げと玉子。シンプルな組み合わせが、疲れた胃にしみわたることでしょう。


かき揚げは、人参、紅ショウガ、玉ねぎが主力。ホウレンソウっぽい青菜も入っていて、栄養はバッチリ、甘めのつゆがしみておいしい。


玉子は、まず白身を先にチュルリ。何度でも書くけど、つゆが濁るのを防ぐわけです。そして、黄身は半熟になるまで温めておくのが流儀。


さて、あとは一気呵成に麺をすする。途中で分解四散したかき揚げをつつきつつ、黄身の具合を見計らってプスリと突き刺す。


トロリと半熟となった黄身を麺にからめて即席ソバボナーラ。濃厚な味をまとったそばは、また格別ですナ。


ひとしきり食べ終え、胃のムカムカも落ち着きを取り戻す。いつも苦労をかけてゴメンね、とオナカをさすりつつ念押しして箸をおく。


ごちそうさまでした。

定食春秋(その 99)おかかたっぷり! 明太のり弁当

f:id:socius_lover:20191006130812j:plain


ふだん、あまり弁当を食べない。お昼は気晴らしも兼ねて職場を離れることにしているし、こうしてたまに休日の昼に横着するときくらいだナ。

さて、バタバタしていた遅いお昼はコンビニご飯。夜までの時間を思えば軽めのメニューがいいなぁ、と近所のセブンへ。


最寄りのセブンはいろどりみどり、カップ麺とオニギリの組み合わせはたまに食べるので、ここはお弁当にしよう、そうしよう。


百花繚乱のお弁当売り場は心がときめく。ネット記事でセブンは量を減らしてお値段据え置き、なんて読んだけど、それでも十分量に思える。


しばし悩んだすえ、明太のり弁当を手にとる。ずっしり。みれば 800 kcal もあるではないか。ほほう、かなりの使い手だねえキミは。


カロリーオーバーにつき、スープがわりと思っていたミニカップ麺を泣く泣く棚に戻し、のり弁ひと筋でやっていこうと誓う。頼むぜ、のり弁。


家に帰ってレンジでチン、1分50秒とあるけどまあいいや。微妙に横着して2分でチン。チンなんて鳴らないけど、動詞としてはチンするわけで。


冷蔵庫から麦茶を取り出し、グラスに注いで時を待つ。ピーって音とともにショーの始まり、フタをあければ湯気が幕のように上がっていく。


コロッケ半分、しっとり。

白身のフライ、主力のはたらき。

焼きそば少々、ホントに少々。

竹輪磯辺揚げ、ねっとり。

だし巻き卵、あまーい。

明太、フタについた明太子をこそげる。

おかか、香り高い。


うん、ご飯が倍あってもいけるオカズの陣容だな。大技、小技、なんでもできそうな連中をパクつきながらニンマリ。


よくみれば隅っこには温まった壺漬けが。すかさずポリポリ。隠れていたキンピラやコンブも、もちろん、見逃すわけもなくいただきます。


このクオリティの弁当が手軽に買えるんだから、独立系の弁当屋や個人経営の定食屋さんがなくなるわけだ。


まあ店の改廃は経済の話だから、個人の感想としての良悪ではなく、大きな流れに任せようかネ。みんな違って、みんないいの精神ですわ。


さすがに味が濃い目なので、麦茶をおかわりして箸を置く。うまい、安い、早いだねぇ。


ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 172)ナポリタン

f:id:socius_lover:20191001204054j:plain


押しも押されもせぬ老舗の喫茶店。仄暗い落ち着いた店内は、調度品含めてひとつの様式美ですな、素晴らしい。


最近、喫茶店の閉店が過去最高との記事を読みました。スタバのようなチェーン店や手軽なコンビニなど、敵は多くて、屈強なのはわかります。


実際、私も学生の頃は小銭を惜しんで、サークルの溜まり場で缶コーヒーを飲んでましたし。喫茶文化の危機ではなく、多様化も原因かと。


そもそも、コーヒー豆自体が中国での消費増もあって、今後確保が大変なんだとか。こうなると商社も絡んできて、ますます大規模な話です。


閑話休題、こういう老舗にくると、やはり食べたくなるのがナポリタン。ケチャップベタベタのナポリタン。


ナポリになかろうとどうでもいい。デートできているわけでなし、多少クチビルにケチャップがつくのもステキでユカイなナポリタン。


アイスコーヒーをチロチロ舐めていると、やってきました、マイナポリタン。まぁるく器用に盛り付けられた大量の麺にニッコリ。


サラダを食べつつ、片目で具材を確認する。ベーコン、マッシュルーム、玉ねぎ、ピーマン。なるほど、さすが老舗、正調のラインナップだな。


うず高い山にフォークで挑む。くるくる巻いてはパクリと食べればケチャップまみれ。懐かしくもあり、楽しくもある。


それにしても、ボリューミー。食べても、食べてもなくならない。普段なら箸を置くような腹具合でも、まだ五合目くらいだぞ。


ほんと、来るたびに注文して、来るたびに食べ切れるかドキドキして、次回来ると何もかも忘れてまた注文する。そんな魅惑のナポリタン。


やっとの思いで食べ切って、残るアイスコーヒーをスルスル飲む。苦味が、口の中に残るケチャップを洗い流してくれる。


学生の頃に一度だけきたこちらのお店、佇まいがそのままなのがうれしい。休日は行列もできるほど人気だから、なんとか続いて欲しいな。


また、こよう。そして懲りもせずナポリタンを頼もう。がそんな、思い出も残るかな。喫茶店。紅茶がおいしい喫茶店


ごちそうさまでした。

定食春秋(その 98)おさしみ定食

f:id:socius_lover:20191002123900j:plain


魚が食べたい。最近食べてない。


日本人のDNAに刻み込まれた、何か原始的な衝動が私を突き動かす。震えるぞハート、燃え尽きるほどヒートって感じ。


さて、やってきました居酒屋の昼定食。和食がおいしいこちらは、いつでも季節のおさしみ定食があるのです。


おさしみ定食は日替わりですが、黒板に詳細が書かれているわけでなく、その日の仕入れの具合でアトランダムに決まるわけですな。


今日はなんですかーって聞いてもいいけど、聞くだけヤボかな。言わずが花、ミステリートレインのように、ワクワクしながら到着を待つ。


熱いお茶をすすりながら待つことしばし、やってきたのはカツオオンリー。いつもの盛り合わせを想定していた自分としては、少し肩すかし。


ところで、絵文字ってすごいな。カツオって入力すると、サザエさんっぽいのが出てくるんだもんナ。これ、ブログでも再現されるのだろうか。



ɛ(⸅᷇᷅̑˾ͨ⸅᷆᷄̑ ⸌᷄̑˒ ɜ


さて、カツオ。季節的には北の海から帰ってきた戻り鰹ですね。冷たい海でエサをたくさん食べて脂がのっていることでしょう。


初鰹は女房を質に入れてでも食べるとか言いますが、戻り鰹はどうなんでしょうね、アデランスの中野さん。


閑話休題、戻り鰹。ねっとりした食感が官能的でうっとり。生姜をアクセントにモリモリご飯が進みます。


ツマの大根も残さず食べて、野菜不足も解消(?)したし、和食が専門だけあってヒジキも味噌汁も実に丁寧なお味です。


ふう、毎日こんなお昼なら健康的なのに、ジャンクな脂がまだまだ欲しい四十路半ばなんだよなー。


ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 171)らぁめん

f:id:socius_lover:20191001203956j:plain


博多ラーメンというと、トンコツがデフォルトなわけで、わざわざトンコツラーメンとは名乗らない。

何というか、おいしい刺し身を食べて「これ、魚ですか」と当たり前のことを確認しないでしょう? といった感覚。


関東の人間からすれば、九州のラーメンは全部トンコツなんて十把一絡げにするけど、各県、あるいは県内でもかなり違うものらしい。


博多の人に聞くと、二郎系にはなじまない、高菜が無料じゃないなんてありえない、久留米ラーメンとは一緒にするな、など主張はあるようで。


まあ、博多の人とか言いつつ、実際にどんたくに参加するような立場ではなく、福岡市の端っこなんですけどね。まあ、細けぇこたぁいいんです。


ともあれ、こちらの基本メニューは「らぁめん」なわけで。えっ、まさかうちの店に来といて、トンコツ以外は選ばないよね? といった雰囲気。


そりゃそうです。ラーメン戦国時代の東京ですから、選ぼうと思えば各ジャンルが揃ってます。あえてトンコツが食べたくてこちらに来たわけで。


さて、前口上はともあれ、細麺の博多ラーメンは出るのも早いですね。卓上から、高菜、ゴマ、紅ショウガを手早く盛り付けて、箸を割ります。


そう、細麺はのびるのも早いわけですナ。


鶏と豚からとったという臭みのないスープはサラリとしておいしい。それをまとう細麺もつるつるおいしく、ペロリと食べ終えてしまう。


そう、博多ラーメンは替え玉前提のようなボリューム感ですから、成人男性としては、気持ち足りないんですよね〜。


でも、あえて替え玉しない勇気。嫌われる勇気は持てなかったけど、ここは替え玉しない勇気。塩分、脂分、カロリー、すべてを我慢する英断。


名残惜しくも、レンゲでふた口スープを飲んで、グッとこらえて席を立つ。この誰にも知られない小さな勇気が未来の健康に役立つのさ。たぶん。


ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 170)旨辛ラーメン

f:id:socius_lover:20190920141918j:plain


「味気ない」という言葉があるように、どうせ食事をとるならば、おいしい、心地よい刺激を貰いたい。


ところが甘味、苦味、酸味、塩味、なんなら旨味。これに食感や匂い、なんなら雰囲気が絡んできて、おいしいというのは多様性に富んでます。


ただし、味わいに対しては、濃くも薄くも徐々に慣れていくとか。オジサンとして大事なのは減塩に向かって頑張りましょうの精神です。


でも、たまに欲しい大いなる刺激、ラーメン。塩分のファンタジスタ。健康志向の天敵にして、日本人の国民食のひとつ。


まあ、ほら、スープ飲まなきゃいいんでしょ? カラダが本能的に求めてるんだよ、ラーメンを。いくら健康でも、ストレスためちゃいけないよ。


自分に言い訳、最後の言い訳。いや、たぶん最後にはならないけど、もう食券押しちゃったしナ。希釈用にグラスの水を多めに入れとくかナ。


カウンター席の端っこで、ラーメンづくりをみるともなしに丼ぶりを待つ。コトコト、スープが煮えていて、暑いくらいです。


さて、時が満ちて、トッピングを聞かれます。ニンニク、味濃いめなど誘惑に耐えつつ、脂ならば塩分はなかろうとアブラ多めを頼む。


丼ぶりを押し戴いていると、紙エプロン着用を勧められる。そういえばそうだった。店員さんの相変わらずの気遣いに感謝しつつ、きっちり装着。


うん、すごいな背脂。さながら白い恋人だな。レンゲでひと口食べてみると、ちょっと甘い気がする。でもすごいな、完飲したらアカンやつや。


さて、脂を堪能したあとは、うずたかい野菜をモリモリ食べる。ワシワシ食べても、減らないのが頼もしいけど、水面下で麺が刻一刻とのびているのが気にかかる。


強制ベジファーストののち、わずかに除いた水面から麺をすする。正確にいうとゴワゴワの麺を口に運んではもぐもぐする。


脂身、辛み、塩っ気の三位一体が心地よいけど、明らかに健康をめざす中年の食べ物ではないな。しかし、胃と心は抜群に満たされます。


おおかた食べ終えて、ふと紙エプロンをみれば、そこそこはねてるナ。勧められたとおり、エプロンつけててよかったレベル。助かった。


スープのみとなった丼ぶりに、未練たらしくレンゲを入れて何度か飲んでいると、スープのざらつきがよくわかる。これは脂身、おそるべし。


当初の誓いも虚しく、塩分を過剰摂取いたしました。喉が渇く予感がする、というか確実に渇くこめ、グラスの水を飲み干して席を立つ。


ごちそうさまでした。

定食春秋(その 97)もつ煮込み定食

f:id:socius_lover:20190925192409j:plain


かつて平成の初期にもつ鍋ブームがあった。


ヘルシーかつ野菜もたっぷりとれるもつ鍋は、専門店で行列ができるほど人気だった。


でも、うちの実家では出なかったなぁ、もつ。港町生まれの父には馴染みがなかったかな〜。


そんなわけで、私が初めてもつを食べたのは、大学に入ってから。こてっちゃんを焼いてはご飯にのせて食べてたっけ。


焼き肉でもそうなんだけど、いつ焼けたか、いつまで噛むか、もつ関係は悩ましいんだよねぇ。


こちらのもつ煮込み。居酒屋の昼メニューならではの定食ですな。シンプルなようでいて、店ごとの個性が出るところですよ、もつは。


ひと口食べれば、しょうゆ仕立てのサッパリ系ダシ。クニクニとおいしく、臭みはない。


器をよくみれば、大根、人参、ゴボー、ネギ、こんにゃく、豆腐、レンコンと植物性の滋味がたっぷり。野菜不足も解消できるのがうれしい。


日本酒に合うつまみは、やはり米にも合うな〜と再確認。同じコメ原料だから、当たり前といえばそうなんだけどさ。


途中で七味をぱらり、途端に味がしまってイイね。よく噛んで、飲み込むタイミングを見極めて、楽しい食事は終わりました。


ごちそうさまでした。