今日も 来て しまった

おいしく食べて、温かい布団で眠る。しあわせのかたちを考える日々の記録

麺喰らう(その 115)ばくだんそば

f:id:socius_lover:20190618122840j:plain


かやく、漢字で書くと加薬。かやくご飯なんていうように、ようは薬味、具材です。


で、ばくだんそば。なんでそんな物騒な名前なのかと調べれば、かやくが沢山だから、とトンチのような答え。ホントかな、でもそうだと楽しいな。


さて、今日のばくだんの材料は、納豆、オクラ、とろろ、ネギ、メカブ、お新香、温泉卵。7つの具材がこれからハーモニーを奏でるわけですか。


それぞれの味は脳裏に浮かぶも、渾然一体となったときはどうなるものか、楽しみだネ。


まずは器を傾け、ツユにワサビを溶く。こちらは珍しく小袋に入ったワサビです。この量なら全部使ってもむせ返ることはあるまいて。


さて、冷やし中華ならそれぞれの具材ゾーンごとに麺を食べますが、この場合は先に混ぜっ返したほうが良さげかな。納豆とか、固まりだもんな。


ざっくり混ぜたところでカオスを楽しもう。まずは、卵の黄身ゾーンかな、色で見当がつくね。


おっ、とろろゾーンは箸が重いな。粘りがいい感じ。ひきわりの納豆はよく噛まないと消化に悪いね。もぐもぐ咀嚼しなきゃね。


一方でメカブはあまり麺になじまず、メカブ自体をそばのようにすする。うん、磯の香りが素敵で、海が聴こえるようだナ。


オクラはどう食べていこうと、端に集まっていく。何というか、味噌ラーメンのコーンがスープの底に溜まるが如く。地道にコツコツと箸でつついて食べていく。


すると底のほうから、お新香さんがこんにちわ。そういえば、いたねえ、キミ。コリコリした食感が楽しい。


などなど食べていると、肝心のそばがすっかりなくなり、後に残るは大量のかやくたちと、濃いめのツユ。


認めたくないものだな、自分自身がいい歳なのに、ペース配分を誤ったということを!  クーッ、ここにライスがあればばくだん丼の完成なのになぁ。


仕方なしに、箸の性能の限界をみる思いで残りを食べ進める。ウマイ、しょっぱい、コメ欲しい。巡る思い、動く箸、みるみる片づく器の上。


あらかた食べたところで、器に口をつけてサラサラと流し込む。パトラッシュ、なんだかとっても疲れたよ。箸を動かしすぎたんだ。


まあ、おいしければ、それでよし。今回の反省をいかして、今シーズン中にもう一回は食べに来よう。それだけの価値がある、このばくだんそばには。


ごちそうさまでした。

定食春秋(その 64)ねぎとろ丼

f:id:socius_lover:20190709123719j:plain


ねぎとろというと、葱とマグロのトロだからだろう?  なんて思ってました。たぶん、大学生くらいまで。


そもそも、トロの味もロクに知らなかったし。


実のところは、マグロの骨から赤身をスプーンなどで「ねぎ取る」からネギトロなんだとか。ホントかね、ねぎ取るなんて動詞聞いたことないゾ。


まあ、Wiki を見ても諸説あるし、目の前の間違いのないごちそうに集中しよう、そうしよう。


唐揚げ類と異なり、ねぎとろ丼は提供までが早いこと、早いこと。頼むや否やご飯がよそわれ、ものの1分でやってきました、ピンクの愛い奴。


艶やかなマグロと剛健なネギの対比、紅白のそれは日本人の様式美に訴えかけますよね。


赤勝て、白勝て、いやこの場合、白はあくまで脇役だから勝利はしないだろうけど。


さてさて、まずはたっぷりのワサビを小皿に取り出し、醤油を注ぎ、よく撹拌する。


長いこと美味しんぼによる「ワサビは溶かずに刺身にのせる」教にしばられていました。でも、そんな上等な舌を持つわけでなし、ワサビ醤油でいいじゃない。


マグロに醤油を回しかけ、さらにネギとも混ぜこむ。うん、これぞネギトロって感じになった。せっかく早くきたのに、食べ始めまでの支度に手間取ったワイ。


さて、味噌汁をひと啜り。相変わらず、ダシのきいた沁み入る味。これと銀シャリだけでもいいナ。

いや、オカズがあるに越したことはないけど。


さて、大葉をパクリとやっつけたのち、メインのねぎとろ丼に取りかかる。


エアリーでとろけるように甘い赤身、ワサビ醤油のアクセント、ネギのシャキシャキ感が奇跡の三位一体。


ご飯がススムのは必然にして、当然。ご飯の残量を気にしつつ、口の中に常にねぎとろ在中となるよう、バランス重視を心がける。


途中、小鉢や漬物で、ご飯を先行して食べていくと、やがてねぎとろ比が高くなる嬉しい情勢に。


くうう、たまらんよ、おいしいよ、小さな幸せだよ。カウンターの狭さが気にならない、小宇宙が広がってるよ。


さて、興奮冷めやらぬうちに、丼ぶりはカラに。残った味噌汁を大事に飲みほして箸を置く。山口百恵がマイクを置いたように、王貞治がバットを置いたように、箸を置く。


ごちそうさまでした。



定食春秋(その 63)ツナハンバーグ定食

f:id:socius_lover:20190618123134j:plain


ハンバーグの定義ってどうなんでしょう。挽き肉を成形して、こんがり焼いた料理といえば、まあそうなんだろうけど。


亜流なら煮込みハンバーグもあるし、ホニャララバーガーとか言えば、きんぴらバーガーとか、アレはどういうポジションなんだろう。


ともあれ、定食メニューの末尾、最高価格帯に位置するこちらのツナハンバーグ定食。


ドラクエで言えばハーゴンやバラモスのようなラスボス手前の位置づけ。見逃してはなるまい。


やってきたのは小鉢も賑やかな定食。こいつは、にわかに忙しくなってきやがった。


まずは味噌汁で箸を湿らせる。大根、人参、えのきが入った具沢山タイプ。その気になればご飯半膳はいけそうな頼もしさ。


りんごの入ったポテサラはいかにも手づくり。どことなく給食を思い出す郷愁の味。ソースをかければ大ジョッキでもいけそうな頼もしさ。


さて、メインのツナハンバーグ。まずはトマトをパクリ。おお、冷え冷え。トマトって冷やすとおいしいよねえ。知覚過敏も思わず忘れるおいしさ。


さて、肝心のツナはベーコンにくるりと巻かれたビジュアル。なるほど、こうきたか。予想を超えてくるひと品に胸がときめく。


中をつついてひと口ぶん取り出してパクリ。


おお、刻みタマネギとの相性もよく、タレを絡めるとご飯がすすむナ。途中で大根おろしを食べると舌がリセットされて、さらに食欲が増す。


残ったベーコンでご飯をクルリと巻いて食べると、ンマーイ!  満賀道雄も〆切落として食べに来そうなごちそうです。


ベーコンってヤツァ、なんでこんなにご飯に合うのか。絶妙な塩っ気と、肉と脂のバランスは是非とも和食も見習いたい。ホントにあんた、西洋料理かね。


自家製のおしんこで小休止しつつ、もりもりと食べ終える。最後は、熱い粉茶で脂を洗い流し、グラスの水で汗をひかせる。大満足の昼餉。シアワセはここにある。


ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 114)たぬきそば+生卵

f:id:socius_lover:20190620122114j:plain


しこたま飲んだ次の日は、汁物が恋しくなる。四十代も後半に入ると、もはや〆ラーメンが入るような胃袋の頑健さはない。


アルコール分解で使われた血糖の補給は翌朝。家を出る前は、まだそのときではない。まだまだ胃がムカムカしてるからネ。


そして、通勤途中、生汗が出終わった頃に、食欲が戻る。そう、このタイミングで立ち食いそばへ向かう。

あったかいそば、もっといえばステキなダシで胃を満たしたい。


かき揚げに玉子がのる「天たまそば」がウリの店だけど、天ぷらを咀嚼する気力もなく、たぬきそばに生卵を単品で追加。なぜだか油っ気をかきこみたいという欲はあるんだよナ。


食券を提出すれば、厨房からは「今から茹でますんで〜少々お時間いただきます」とのお返事。


朝時間帯は茹で置きしないんだよね。高まる期待とともに待つ。AM ラジオが砂時計がわりだ。


3分ほどでやってきました、たぬ玉そば。かなり熱めのダシに泳ぐ生卵は、今にも凝固を始めんばかりです。ダシをシュルシュル味見。しみるなー、五臓六腑。


まずは少し温まった白身をつるり。溶け出しちゃうと、ダシが濁るからね。いや、濁ったダシも好きだけど、飲み干せないじゃない、全部は。


そして、半熟になった黄身を箸で切り、そばに絡めて食べる。純白の更科がみるみる黄に染まるのは、ちょっとした背徳感だネ。


黄身をあらかた食べ終えたところで、七味をぱらり、揚げ玉の時間です。そばとともにかきこむと、唇がテラテラして保湿によさそう。


揚げ玉はしっとり系でダシをよく吸う。おっ、かき揚げのカケラだ、なんかラッキー。しらす干しに入ってるミニタコみたいなもんだね。


じわーっと汗をかきつつ、ひたすら麺、麺、麺。

そばをすすると、勝手についてくる揚げ玉たち。健気だけど、集めきれない奴らは堪忍な。


ツユで満たされた胃は、きっと昨晩の酷使を許してくれたことでしょう。グラスの水で汗をひかせて、器を下げて店を出る。立ち食いそばの様式美。


ごちそうさまでした。

麺喰らう(その 113)しょうゆラーメン

f:id:socius_lover:20190623150201j:plain

 

健康のために散歩するのに、ストレスがたまっているときはついつい憂き世の由無し事が頭に浮かぶ。

花を愛で、鳥の囀りを聴き、風を感じていればいいものを。

 

そんなときは携帯ラジオを聴きながら散歩する。iTunes の曲はすっかり聴きなれていて刺激が少なく、ついつい現実の明日を考えちゃうしね。

 

土曜なら文化放送、日曜ならTBS かな。いとうあさこや安住さんの番組は、ついついニヤニヤしてしまい、不気味なオッサンになっちゃうけどさ。

 

さて、そんな散歩さなかの小腹満たしにラーメンなぞ。秋刀鮪ダシという一風変わった看板にひかれて入店。

 

たしか以前はカップラーメンにもなるほどの人気店だったけど、居抜きで入れ替わってるね。

 

ラーメン屋さんは一期一会の気持ちでいないと、食べ損ねるなぁとしみじみ。

 

秋刀鮪、さんまぐろ。サンマとマグロのダシなのかな。淡麗な魚介系もおいしいよね。

 

特製にもひかれたけど、一見さんなのでまずはノーマルなしょうゆラーメン。食券を置き、ハートランドビールを飲みつつ、壁に貼られた効能書きを読む。

 

あれ、そういえば以前の店もハートランドビールだったな。なんか、つながりあるのかな。

 

なになに、こちらの麺は「岩手の小麦・銀河のちから」を用いてます、カエシは「陸前高田の醤油」です。なるほど、岩手責めですか。

 

岩手出身の大将なのか、岩手県のアンテナショップなのか。あるいは岩手に人質でもとられているのか。

 

理由はともあれ、食材の統一感へのこだわりには好感。

 

やってきました丼ぶりは、すんだ濃い目のスープに、メンマ、チャーシュー、ネギ、ナルトが美しく配された一杯。これはこちらも襟を正して臨まねばなるまい。シャツだけど。

 

まずはスープをひと口。ふわっとした魚の風味がする。たぶん、鶏ガラの味もする。舌バカなので断言はできないけど、たぶん。

 

ともあれツルツルと麺をすすると、スープが細麺によく絡んでおいしい。細めのメンマは味が濃く、ビールのアテにちょうどいい。

チャーシューはキシキシした歯ごたえで、こちらもビールの(後略)

 

ラジオでは爆笑問題がいつも通りに番組を回し、目の前の丼ぶりとの相乗効果で、余計な思考が頭から抜けていく。うまい、田中、うまい、太田。そんな感じ。

 

夢中で麺をすすると、あっという間にスープだけに。持て余し気味のビールのために、スープをアテにしたり、浮いてるネギをつついたり。

 

ふう、すっかりお腹タプタプ。このあとの散歩でもきっと汗をかくから、水も飲んどかなきゃならんな。さらに、お腹タプタプだわ。

  

ごちそうさまでした。

 

 

定食春秋(その 62)冷やしロースかつ茶漬け

f:id:socius_lover:20190626123848j:plain


「いいかい、学生さん。

トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。

それが人間えらすぎもしない  貧乏すぎもしない、

ちょうど  いいくらいって  とこなんだ。」


美味しんぼにしては珍しい名言にもある通り、トンカツというの日常ではなく、ややハレの日のごちそうなんだと思う。


しかし、松屋フーズのとんかつブランド、松乃家では、揚げたてのとんかつがリーズナブルに食べられてありがたい限り。寿司における回転寿司、天ぷらにおけるてんや的なポジションですね。


さて、いつも混み合う松乃家ですが、たまたま空席に巡り合ったので、チャンスを最大限に生かす。朝食抜きだったので、なんか、ガツンといきたいしね。


で、店前のポスターにデカデカと謳われたトンカツ茶漬けにしてみる。ひつまぶしのトンカツ版だナ。新宿のすずやで食べたことあったと思う。


さて、あとは空席に滑り込み、ひたすら呼び出しを待つ。どうやらご飯はおかわり自由らしく、次々と猛者どもがジャーに向かっている。やるな、者ども。


あいにく食券順とは相ならず、空腹を堪え、忍び難きを忍びつつ待つこと10 分ほど。やっと呼び出しがかかりました、いくぜ、トン茶!


f:id:socius_lover:20190626123916j:plain


まずは陣容を確認。ライス、薬味、海苔、トンカツ、漬け物、ダシ。


なるほど。食べ方を確認したくとも私の視界に、というか店内にはトンカツ茶漬けのポスターが貼られていない。


とりあえずは、小袋の辛子をカツにつけ、ソースをかけて端からパクリといきますかね。おっ、揚げたて。肉厚なロースがうまいな。


お新香は松屋のと一緒のがたっぷし。みそ汁がついてないので、ご飯のチェイサーがわりにちょうどいいや。私が好きな葉っぱ部分が多くて嬉しい。


ソース de カツ。

なんとも平凡ながら、ベストマッチな組み合わせなので、危うくこのまま完食するとこでした。5分の3まで進んだところで我に返り、荒ぶる心を鎮めてお茶漬けをセットする。


カツふた切れ、梅、ワサビ、ゴマの薬味類、海苔をセット、ダシをかけまわせば、完成です。


f:id:socius_lover:20190626123938j:plain


おお、ダシは永谷園のアレ的な色。好きなんだよねーアレ。っていうか、お茶漬け=アレ。


ともあれ、まずはズルズルとすする。おう、濃い目のダシがたまりませんね。


揚げたてのカツをツユに浸すのはどうなのかとも思ったけど、カツ丼はダシ卵でとじるし、なんなら天ぷらそばなんてのも大差ない。ありなんですね、揚げ物+汁物。


ここで梅チューブとワサビチューブがいい働きをしています。


ほどよい酸味と鼻に抜ける辛味、絶妙なバランス。さすがにトンカツはかきこめず、カツをもぐもぐ、ご飯をサラサラと食べ進める。


ふう、さすがに胃にズッシリきますね、揚げ物さんは。でも、サッパリ感とドッシリ感を併せもつトンカツ茶漬け、このお値段ならクセになるかも? 


爽やかに店を出てポスターを見直すと、


1)まずは定番ソースでいつもの美味しさ

そうそう、美味しかった


2)お好みでわさびや梅でさっぱりと

あれ、オレ、茶漬けに入れてるな


3)〆はこんぶ茶をかけ冷やし茶漬けで

白菜の漬け物、ここにのせるのかよ!


と、途中から手順書とかなりずれた食べかたになっているではありませんか。


店内に貼っといてよ〜などという愚痴もありますが、わが食べかたに一片の悔いなし、あれはあれでおいしかったから OK!


また、くるかもね。


ごちそうさまでした。


麺喰らう(その 112)二色もりそば

f:id:socius_lover:20190624134158j:plain


田舎と更科。そばにも派閥はある。


殻のほうまで一緒に挽いた田舎そばは、風味が強くワイルド。いっぽう更科は、そばの実の中心でいわば大吟醸、繊細なイメージ。


スーパーで売られていた、黒っぽいゆで麺=そばだと思って育ったので、いまだに田舎そばが好きなんだけど、更科そばで日本酒を飲むような大人にも憧れはある。


で、悩んだときは二色もり。どちらか選べないんだね。バニラとチョコなら、みんなミックス頼むでしょう?  


フローラとビアンカなら、ビアンカだけどさ。


さて、閑話休題。そばは茹でたてを手早く食べないと。

 

まずは更科をツユのみで、ツルル、おいしい。

お次は田舎をネギ入れて、ツルル、おいしい。

さらに更科にワサビ入り、ツルル、おいしい。

最後は田舎に七味をかけ、ツルル、おいしい。


何とも贅沢なひととき。麦茶で口内をリセットしたら、そば湯をいただこうかね。


鉄瓶に入ったトロトロのそば湯。こう、雰囲気からしてそれっぽい。


一杯目は、濃いめの少なめ。

二杯目は、薄めの多め。


藤吉郎が信長に淹れたお茶のような作戦で、そば湯変化も楽しんで、ヘルシーなランチの終了。さぞや胃腸もうれしかろう。


ごちそうさまでした。